【微弱陣痛ヤバイ】陣痛促進剤・吸引分娩の体験談

今日もお疲れ様です。なっちゃんです。

私は人より体力と根性がありません。

関連記事

しかし、そんな私でも一応一児の母です。

親戚一同揃いも揃って子だくさんなので妊娠中は自分も安産だと勝手に思っていました。

しかし、蓋を開けてみればやや難産寄りの厳しいお産でした。

今回はその時の体験談を綴りたいと思います。

20時間痛みと戦った 

陣痛のサイクルがおかしい

通常、陣痛が始まると最初は弱めの痛みが長い間隔をあけてやってきて、お産が近づくにつれて痛みは強く、間隔は短くなっていきます。

しかし私の場合、本陣痛のスタートが22時だったのですが、明け方まで陣痛の間隔が3分~13分と超まばらでした。

なので、「うわ!3分だ!病院に電話しなきゃ!」と思ったら次は10分後といった様子でまったく眠れない夜を過ごしました(消耗ポイントその1)。

子宮口が全然開いていない 

朝8時くらいにようやく陣痛間隔が3分前後になり、病院へ。

当然痛いです。

しかし、助産師さんに診てもらうと

助産師さん「子宮口全然開いてないから帰ってもらうかも」

なっちゃん「ファッ?!」

その後お医者さんにも見て貰ったら少しだけど開いてることがわかり、なんとか強制送還は免れました。

(消耗ポイントその2)

緊張しすぎると分娩で苦労する

その後はひたすら破水と子宮口が開くのを待ちます。

でも全然お産が進まない。

病気知らずの私は人生初の異常事態に内心修羅場。

緊張しすぎると産道が固くなるらしく、同然私もガッチガチ

そのせいで分娩台でも赤子が出てこず(消耗ポイントその3)。

陣痛が強くなると、吐いてしまう人もいる

私だけかもしれませんが、子宮口8cmになると陣痛のタイミングで胃がいきなり上がってきます。

吐いたらやだなあと思ってお腹を空にしていたので幸い嘔吐はしませんでした。

(何も出ないので声だけ出るw)

しかしその結果、分娩台でスタミナが切れて意識が飛びます(消耗ポイントその4)。

消耗しまくった結果

いい陣痛=赤ちゃんを産める強い陣痛はどうやらお母さんの体力ありきでやってくるようです。

私は陣痛と子宮口の開きがかみ合わず、睡眠不足&空腹、過緊張により体力が底をついてしまいました。

最終的に微弱陣痛になってしまい、陣痛促進剤(激痛)と吸引により無理やり赤子を引っ張り出すハメになりました。とほほ

なっちゃん「(疲労で気絶)」

医者「バキューム!!!!」

旦那「(笑)」

赤子「(スポーン!)おぎゃああああああああああ」

旦那「うわ!髪の毛いっぱい!」

医者(薄毛)「・・・・・」

てな感じで20時間に渡るお産は幕を閉じました。

長時間押しつぶされていた息子はそれでも元気いっぱい。

あまりに暴れるので助産師さんが体重・身長測定で苦戦していました。

長時間のお産に耐えた我が子の現在

孫悟空ばりに元気

今、我が子は1歳半ですが、家から駅までの往復1.5kmを余裕で歩けるくらいのタフガイに育っています。

ご飯を食べる量も少食な大人くらい。 

外出すると新しい場所・知らない人に興奮してフルスロットルで遊びまわります。

ぶっちゃけ疲れます。

保育園の先生も、「活発だよねえ…(疲れた声)」と言っていました。

すみません、ただでさえ激務なのに。。。 

お産はまさに「案ずるより産むが易し」

初産婦にとって、お産は恐怖だと思います。

産むのはママ一人ですが、医師、助産師、看護師、旦那さん、そして赤ちゃんが一緒に頑張ってくれます。

お産の内容も体質によって人それぞれです。

何もしなくても安産の人もいれば、意識高い妊婦生活を送っても難産になる人もいます。

やれることはやって、「あとはなるようになる!」くらいに考えていればいいと思います。

これから出産を控えているママのお役に立てれば幸いです。

おしまい 

プレママさんに人気の妊娠線対策です^^

陣痛の真実

あなたは妊婦さんですか、それとも赤ちゃんがどのようにして生まれるのかを知りたいと思っていますか?この記事では、そのうちの一つの段階を学ぶことができます。

生命の奇跡は素晴らしいものですので、出産は素晴らしいことです。しかし、あなたが母親である場合は特に、あなたがすべてを経験することになるので、それは難しいことがあります。

誰もが異なるレベルで陣痛を経験することができます。いくつかは出産を介して風を与えることができますが、いくつかはそれが痛いと思う。でも、自分の痛みの許容範囲は、実際に体験してみないとわからないものです。

ここでは、なっちゃんブログで、陣痛とは何か、陣痛の段階は何か、陣痛を和らげるためにできることは何かをご紹介します。

陣痛とは?

陣痛は、子宮が収縮して中の赤ちゃんを押し出すときに起こります。人は背中、膀胱、腹膜、腸の周りに感じることができる強い圧迫感を経験します。また、この時に体幹全体の筋肉や骨盤周りの筋肉が締め付けられるのを感じることができます。そのため、妊婦さんには大きな痛みを与えることになります。

陣痛の段階 

初期の陣痛

子宮頸管が開いて拡張します。陣痛は30秒から60秒ほど続き、5分から20分ごとに起こります。収縮は時間が経つにつれて強くなります。6時間以上続くこともあります。 

活動的な陣痛

この段階では陣痛が強くなり、長くなります。子宮頸管は拡張し続けます。この時点で、女性は鎮痛剤を要求することができますが、それよりも早く服用することができます。通常は2~8時間後に起こります。

移行期の陣痛

この段階になると、母親の子宮頸管の拡張が止まります。この時の痛みが一番強いかもしれません。背中、鼠径部、腹部、あるいは太ももの収縮を感じることができます。また、これを経験しているときに吐き気を感じることができます。それは次のプロセスに入る前に1時間続くかもしれません。

押し陣痛

激しい痛みと、子宮から赤ちゃんを押し出したいという大きな衝動に襲われます。この押し出しは、あなたの体から痛みを和らげるのに役立ちます。また、このプロセスの間に膣の開口部が伸びるので、異なる感覚を感じることができます。

多くの女性は、それを「スイカやボーリングのボールをウンチする」と表現しています。このような収縮は数分から3時間まで続くことがあります。

プラセンタ分娩時の痛み

この段階は、この時点ですべてが終わっているので、最も簡単な部分です。母親は、他のプロセスとは異なり、軽度の収縮にいくつかの光を感じるでしょう。しかし、あなたは自分自身よりも赤ちゃんに集中しているので、この時点ではもう何も感じません。これは最大で39分ほど続くこともあります。

陣痛の管理方法

最初の陣痛を経験してから数時間後に鎮痛剤を服用することで、これを管理することができます。しかし、それはあなたがわずかに鎮静を感じるでしょうから、赤ちゃんを押し出すのに苦労することができます。もう一つの方法は、出産中にリラックスするために、さまざまな呼吸法のセッションに参加することです。

コメントする